料理

人生・家庭

2020/7/27

男性でも料理くらい作れる様になっておこう【男性でも趣味として出来るのでおすすめ】

スポンサードリンク はい!どうも、DAISUKEです!(@desing_d) 男だけど料理って面倒だし、正直かった方が早いし自分で作ると結局割高になるから料理は好きじゃない こんな事で悩んでいませんか? 結論を言ってしまうと、男性でも料理は作れる様になっておいた方が色々お得です。 不純な動機ではありますが、単純に出来ないか出来るかで考えれば料理が出来た方がモテます。 バンドなんかをやった事ある人ならわかると思いますが、純粋に音楽が好きで始めた人の方が少なくてモテたいや人気者になりたい!という欲望が大きかっ ...

朝食や夜食には卵かけご飯が最高!【TKGは簡単に出来て最高に美味い料理】

人生・家庭

2020/3/15

朝食や夜食には卵かけご飯が最高!【TKGは簡単に出来て最高に美味い料理】

スポンサードリンク 朝ごはんや夜食などに簡単に作れて食べれる料理ないかな?と悩んでいませんか? 結論から言いますと!『卵かけご飯』が最強に楽で美味しいのでおすすめです。 私は、明日世界が滅びるとしたら食べるのは『卵かけご飯』と決めているくらい卵かけご飯が好きです。 卵には多くの栄養素が含まれていますし、手軽に購入できますので常駐食品としてはコスパ最強の食材ですし、お米も大体ありますし『サトウのご飯』などをストックしておくのも悪くないと思います。 そんな素晴らしい卵かけご飯の魅力を解説していきます。 本記事 ...

夫婦で料理を一緒にするのはおすすめ【男も料理をして楽しむ】

人生・家庭

2019/2/27

夫婦で料理を一緒にするのはおすすめ【男も料理をして楽しむ】

こんにちは、ダイスケです(@desing_d) 料理ってやっぱり奥さんがしている場合が多いですよね、男は仕事して、女は家を守る!的な日本昔ながらの考えみたいなの。 まぁ、それはそれで家庭円満になっていたら良いと思うのですが、奥さんも毎晩のご飯のメニュー考えたり、簡単すぎる物だと旦那さんに文句を言われたりと、色々な家庭があると思います。 そんな中、私は最近の週末では嫁と一緒に料理をする様にしています。 それは、単純に私が料理をしたい!覚えたい!と思ったのは始まりでしたが、最近は嫁自身も一緒に料理をすることが ...

深夜に安くて簡単に食べる事ができるズボラ飯、夜中に太るとか考えたら負けである。

人生・家庭

2020/2/11

深夜に安くて簡単に食べる事ができるズボラ飯、夜中に太るとか考えたら負けである。

冬になると永遠にお腹が空いている、どうもダイスケ(@desing_d)です( *'ω'* ) 夜中まで起きていると、無性にお腹が空きますよね。 深夜食堂や、孤独のグルメなんか見ちゃうと余計にお腹が空きますよね。 夜中に食べると太る!と言いますが、お腹が空いているのは本能なのでお腹が空いたら食べます。 しかし、逆に朝、昼、夜でもお腹が空いてなかったら食べません! そんな感じで最近生活していたら、なんだかんだで肥満から普通になりました٩( 'ω' )و あーやっぱり、環境に合わせるより、自分の本能を信じた方が ...

料理が苦手だけれども、出来る様になるといい事があるちょっとした理由

趣味

2020/2/11

料理が苦手だけれども、趣味にして出来る様になるといい事がある理由

最近休みの日は晩御飯を作っています、どうもダイスケ(@desing_d)です ٩( 'ω' )و かれこれ30年生きていきましたが、それまでは料理って苦手というか、自分ではやりたくない物の1つでした。 理由としては、自分で作ったものより他人が作った物の方がありがたいし、美味しいと思うからです。 しかし、30歳になった今何故か料理が出来る様になりたいと思いました。 特に深い意味はなかったと思うのですが、出来ないより出来る方がいい事が増えるとおもったので、趣味など全くなくて困っている人は料理を趣味にしてみては ...

結婚後の毎日の料理が不安なあなた、カップラーメンでも大丈夫な男は居ます。

LIFE 人生・家庭

2020/11/20

結婚後の毎日の料理が不安なあなた、カップラーメンでも大丈夫な男は居ます。

こんにちは、ダイスケです(@desing_d) 私は男ですが、結婚して思うのは料理って大変だなということ。 食費が限られているのであれば、お金という予算と献立、栄養面なども色々考える人も出てくると思います。 そして、結婚するという事は、自分が作った料理を他人に食べてもらうという不安も付いて考えてしまう事もあると思います。 今まで実家暮らしで料理なんかした事ない!いざ結婚する事にしたけど、そんな事考えてなかった! そんな人に、そこまで考えなくても大丈夫な男もいますよ?という事を私が勝手に語ります。 本記事で ...

© 2020 D-desing