NATURE 植物・花

バラを育てるのに必要な道具リスト【初心者でもこれで完璧!】

投稿日:2018年5月17日 更新日:

バラを育てるのに必要な道具リスト【初心者でもこれで完璧!】
スポンサードリンク

バラを育ててるのは私ではなく、実は嫁です!
どうも、ダイスケ(@desing_d)です。
なので、嫁に記事書いてくれと言ったら断られたので、聞きながら書いております。

さて前記事で、バラの種類について書きましたが、今暖かくなってきて
家のバラちゃん達が綺麗に咲き始めたので、今回は薔薇を育てるのに必要な物の説明をしようと思います。

バラを育てるのに必要な道具リスト

バラを育てるのに必要な道具リスト

  • 道具

ざっくり言ってしまうと、バラを育てるのに必要な事はこん感じで、普通の植物などと余り代わりないと思います!

バラの苗は4

新苗、鉢苗、大苗、長尺苗とあります。

新苗とは夏から秋に芽接ぎした苗で若い苗です。
比較的安価で育てる楽しみがありますが若い苗なのでその年は花は咲かせず、株の充実を優先させたほうがいいです。

鉢苗はしばらく鉢で育てたもので木立、半つる、つる性すべての、タイプの苗が売れています。
1年とおして入手でき、根がよく張っているので育てやすいです。
ただ価格がやや高めで品種数が少ないこともあります。

大苗は秋まで畑で育った苗でこれもすべてのタイプの苗が売られています。
新品種が多く出回り、畑で育てられたので株が充実しています。
ただし根が少ないので春までの管理をしっかりする必要があります。

大苗シーズン時にはたくさんの品種の苗がお店に並ぶので、探していた品種があるか探すのが楽しいですよ。
長尺苗は半つる、つる性長い枝を確保している鉢苗です。
1年をとおして入手可能で冬に植えると翌春から花を楽しめます。
価格が高めで品種が少ないです。

バラの土

バラは水はけと水もちのよい土を好みます。
初めて育てる方はブレンドする手間の要らないバラ専用培養土を使うのをおススメします。
培養土に元肥入りと書かれていないものは、植えるときに肥料を混ぜます。
元肥と書かれたものがよく、バラに使えるものを使用しましょう。
自分でブレンドするのなら

腐葉土、ピートモス、赤玉土を2:2:6の比率でブレンドしてみましょう!

バラの鉢

バラには通気性、排水性がよくたかさがあって見映えがいいものがおススメです。
テラコッタ、スリット鉢、木製、ブリキ、FRP製、ロゼアポットなど、デザイン、価格も大切ですが機能性の高いものがいちばんなのでしっかりチェックして選びましょう。

スポンサーリンク

バラの道具

バラを育てるのに、細かな園芸道具などです。

剪定バサミ

バラは成長とともに硬くなるので、硬くても切りやすい受け刃タイプのハサミを使いましょう。

シャベル、フォーク

庭植えするには必須です。

草削りグワ

除草しなが軽く耕すことができ、バラの根元のつちをふかふかにする事ができます。

霧吹き

葉水や、薬剤散布に使います。

手袋

バラのトゲにも負けない丈夫で作業しやすいものがいいです。

トレリス

つる性や半つる性のバラの枝を誘引するものです。
サイズ、デザイン、素材とさまざにありますので育てるのバラに合わせて選びましょう。

バラを育てるのに必要な道具リスト【まとめ】

バラを育てるのに必要な道具リスト【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
薔薇は品があって育てるのは難しそうと思うかもしれませんが、手をかけてやるだけの意味はある花だと思います。
手間も維持コストも結構しますが、花が咲いた時の感動は何ものにも代え難いです。
みなさんも薔薇ちゃんを育ててみてはいかがでしょうか?

それではノシ

スポンサーリンク

-NATURE, 植物・花
-, ,

Copyright© Dデザイング , 2019 All Rights Reserved.