節約

コンラインドリーって高い?なるべくコインランドリーに行かなくてすむ方法

コンラインドリーって高い?なるべくコインランドリーに行かなくてすむ方法
スポンサードリンク

洗濯機は持っているけど、乾燥機がないから曇りなんかの時にはコインランドリーに持っていていませんか?
確かに、コインランドリーに持っていけば早いしきちんと乾燥してくれるのでとても便利です。

ですが、意外とコインランドリーの乾燥って高いと思った事ありませんか?
私が利用するところだと、10分100円で大体30分は回さないと乾きません。
雨が続く時で尚且つ、家族がいると洗濯物の量も増えるので回数を重ねると結構な金額になってしまいます。
洗濯機を持っていない一人暮らしであれば、週に1回、2回とする事で大分節約できますが、家庭を持っている方だとなかなかそうも行きません。

ですが、私は緊急性がない場合は基本的にはコインランドリーには行きません。
基本的に部屋干しでなんとか対処します。

家族がいる場合でも、溜め込まなければ意外と何とかなるので、少し手間ではありますがコツを紹介していきます。

本記事では、コンラインドリーって高い?なるべくコインランドリーに行かなくてすむ方法について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

コンラインドリーって高い?なるべくコインランドリーに行かなくてすむ方法

コンラインドリーって高い?なるべくコインランドリーに行かなくてすむ方法

コンラインドリーって高い?なるべくコインランドリーに行かなくてすむ方法は以下の通りです。

ポイント

  • 部屋干しの場所を確保しよう。
  • 溜め込まないでこまめに洗う事
  • 無駄な洗濯物を出さない様にしよう

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

部屋干しの場所を確保しよう。

部屋干しの場所を確保しましょう。
窓際などする人も多いですが、個人的にはどうせ曇っているので窓際よりも、換気が常に行える所、もしくは暖房が当たるところですね。
特に冬などは、エアコンなど入れますよね?その風が当たるところがついでに乾かしてもらう感じです。

部屋自体も、湿度が上がると室温も上がりやすくなるので一石二鳥でお得なんですね。
暖房も一定の温度まで上がるのが早くなれば、電気代の節約にもなります。
加湿の手間もなくなるので、加湿器の電気代も節約できますね。

エアコンの前には難しいという人は、脱衣所などの換気扇が近くに有る所で空気の流れが確保出来て、外に湿度を出せる所などはおすすめです。
室内で窓際などですと、多湿になりカーテンの裏でカビが発生する時もあります。
なので、多湿になりすぎない様に換気扇や一定の湿度を外に出す方法を考えておくのが良いと思います。
簡単なのは、換気扇を常に回してサーキュレーターなど循環させてあげる事ですね。

風邪予防に定期的に換気するのも気持ちがいいかもしれません。
意外と簡単に乾くので、おすすめします。

溜め込まないでこまめに洗う事

雨などが続くと溜め込みがちですが、ため込むというのは結構ナンセンスです。
洗濯物を溜め込んでしまうと、空間に湿度の多い物が増えるので乾きにくくなるので、コツとしては為ないで毎日洗う事をおすすめします。

溜め込まずにこまめに干す事で、干す数が減る→干す場所に隙間が出来る→風の通り道が出来る
こんな感じで、乾きやすくなるのでおすすめです。
もしくは少し面倒ではありますが、乾きやすい服と、乾きにくい服とありますよね。
乾きやすい服は、曇りもしくは雨上がりの時などは、外に干してしまい、乾きにくい服だけを小分けして乾いてきたら入れ替えるという手段も、少し人が動かなければいけないので面倒ではありますが、比較的早く乾かす事が出来るのでおすすめです。

この方法は、溜め込んでしまうと干した時に隙間が出来ないので、風の通り道が作れないので乾きにくくなってしまいます。
出来るだけ、干す量を少なくする事で乾きやすくする感じです。
なので、逆に洗剤などの消費回数が増える事になる場合もあるのでご了承ください。

無駄な洗濯物を出さない様にしよう

そもそも論として、なるべく洗濯物を出さない様に心がけましょう。
タオルなどはちょっと使っただけでも、すぐに洗ってしまったりする事もありますが、もったいない時もあります。

バスタオルなども、基本的には普通のタオルで体をふく事は可能ですので、必要はありません。
パスタオルは、大きいの乾くのにも時間が掛かりますし、干した時に風の通り道の邪魔をします。

なるべく小さい物で、乾きやすい素材の物をつかうなどするのもいいでしょう。
セーターなどは比較的乾きやすいので、冬はセーターとヒートテックで過ごすというのが私のスタイルです。
脱衣所で寝る時に干しておけば朝には乾いているので、それを着ていく事も可能です。

この様に、日本は雨が結構多いですし、湿度も高いので季節的にその辺を考えて服を選んでおくのも効率がいいかもしれません。
とはいうものの、お洒落をしたい人もいるので今の自分の生活の中で試してみて工夫していくのが一番無難と言えるでしょう。

スポンサーリンク

コンラインドリーって高い?なるべくコインランドリーに行かなくてすむ方法【まとめ】

コンラインドリーって高い?なるべくコインランドリーに行かなくてすむ方法【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
大きな布団の様なものはコインランドリーかクリーニングにいく必要があると思いますが。
普通に乾燥だけであれば意外となんとかなってしまったりします。

ただ、住んでいるところの間取りなどでも効果は変わってくるので、色々試してみるのが良いと思います。
我が家では、脱衣所とエアコン前にて乾かしています。

それでは、よんでいただいてありがとうございました。
ブロガーダイスケでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-節約
-, , ,

© 2020 Dデザイング