My diary

消防団をやる事のメリットとデメリット【これから始める人のために、やる事など】

投稿日:2018年9月18日 更新日:

消防団をやる事のメリットとデメリット、これから始める人のために
スポンサードリンク

都会であるかどうか知りませんが、田舎だと消防団という、区切られた地区の一般の人から火事があった時などに消火活動や、消防士さんのお手伝いなどをする、消防団というものがあります。
誘われている人、これから誘われれるかもしれない人は消防団入っていい事あるの?
とか、何やるの?とか思ったりすると思います。
行事などは、消防団によって違う事があるかもしれないので、メリットとデメリットと簡単に説明しようと思います。

スポンサーリンク

入団のメリット

入団のメリット

まずは、消防団に入るメリットについてです。
仕事や家庭がある中で、消防団は大変ではあります。
大変だけれども、やり甲斐もある。
メリットを簡単に説明します。

地域の人と知り合える

地元での集まりになりますので、住んでいる周辺の人と顔見知りになる事が出来ます。
そこに住み続ける人、これから家を建てる人なんかは、積極的に関わって行った方が後々いい結果に繋がると思います。
田舎は、お年寄りが多いので、所謂伝統や、昔からの決まり事を大事にします。
なので、そういった情報や、人の顔を知っておく事は、生活していく中でとても武器になります。

人助けできる

人間感謝されると、やり甲斐や存在意味みたいのを感じたりします。
そういった物が欲しい人はやってみるといいかもしれません。

一人暮らしで、他人との関係があまりなかったり、人と関わっている事が好きな人はとにかく消防団はおすすめです。
直接くちから『ありがとう』といわれる事は余りないですが、火災の時、や地域の行事の手伝いなど行うと
社会の為に何かやっている気持ちが出てきます。

規律を学ぶ事が出来る

規律とはなんぞや?とも思いますが、休めや敬礼の姿勢がビシッとするのでカッコよく見えます。
少し、個人的には自衛隊みたいだな・・・と思いましたが、出来る様になると私生活でもメリハリがついた動きができるようになるので、無駄にはなりません。

消防隊員の人や、自衛隊のひとが揃って敬礼などしているとかっこいいですよね。
あれが、素人ながら出来る様になってきます。
男性なら出来る様になると、カッコよく見えますのでモテる様になるかもしれません!

入団のデメリット

入団のデメリット

上記の様に、メリットを簡単にあげましたが、やはりデメリットも存在します。
生活が大変になるかもしれませんので、少し気にしてみましょう。

夜中でも、仕事中でも出動がある

火災があり、出動命令が出た場合、仕事中でも夜中でも明日朝から仕事であっても、出動しなければなりません。
消防団にもよると思いますが、強制的な所と出動可能なら出る!と差があります。

なので、仕事で多忙な方は必然的に忙しくなるかもしれませんし、出られない事が増える為
もし入団にてくれとお願いされた場合は、きちんと仕事が忙しいから難しいや
忙しくてあまり参加できなくてもいいですか?など、入団前に伝えておきましょう。

機器の点検などで時間拘束がある

2週間に1回くらい、消防詰所に集まって、機器点検をします。
作業自体は1時間もかかりませんが、数少ない休日を決まった時間に出て行かなければいけないという精神的に嫌だと思う人もいるようです。
やる事は大した事ではないので、大変ではありませんが、自分の休日を使うという事は現代では結構なデメリットであったりします。

他にも、台風が酷そうな時に詰所待機や、地域イベント(小学校の運動会・こども会など)のお手伝い
あとは、機器講習みたいなもの、年末には夜警もあったりします。
そのへんは、年に数回ある程度ですので、左程気にするものではないと思います。

操法の練習がある

年に一回操法の大会があります。
私が入団した時は、この行事がある事を知らなくて、『まじか〜』と一番思ったので書いておきます。

操法は所謂、ポンプやホースを使った操作方法の演技です。
この、大会に向けての練習が結構大変なのです。

消防団によって練習量や時間は違うそうですが、朝5時から仕事に行く前や、仕事終わった9時ぐらいからなど様々です。
1週間しか練習しない所もあれば、2週間や3ヶ月といった所もあります。
やれば達成感を感じる事が出来るのでいいのですが、やはり仕事や家庭がありますので結構心身共にダメージが出てきます。

実際のところ、コレが嫌で来なくなる人もいると思います。
仕事ではないのに、なんで強制的にやらなきゃいけないんだ!と思う気持ちもわかります。
なので、こらから入団を考えている人は、この厳しさが自分にあった場所かというのをきちんと確認してから、入団した方が自分のライフスタイルを崩さなくて済むと思いますので、十二分に事前に聞いておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

消防団をやる事のメリットとデメリット【まとめ】

消防団をやる事のメリットとデメリット、これから始める人のために

いかがでしたでしょうか?
地域によっては、人が足りなくて仕方なしに入団される方もいると思います。
しかし、入団したからには名前だけってわけにも・・・と思うでしょう。
なので、しっかり今の自分に可能かどうかというのを、話し合いましょう。

私がそうなんですが、入団してから引っ越したので、詰所まで少し距離があります。
たまたま、会社に行く道の途中なのであまり苦労はしないですが、引っ越す予定がある人は予めきちんと伝えておきましょう。
あれこれ書きましたが、もし家を出ていても将来的に地元(実家)などに戻る予定がある人は、関わらない訳にはいかないので、将来を考えて真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-My diary
-,

Copyright© Dデザイング , 2019 All Rights Reserved.