DESIGN Web design

HTML・CSSとは?今更ながら思ったので調べてみた【初心者】

投稿日:2018年4月28日 更新日:

HTML・CSSとは?今更ながら思ったので調べてみた【初心者】

スポンサードリンク


こんにちは、ダイスケです。
HTMLとCSSってなんぞ?と思っていませんか?
会社で出来る人がいないからと言う形で、付け焼き刃でキーボードをパチパチしてホームページを作る仕事もしてたりするんですけど…

なにぶん、時間が無かった為きちんとした勉強というものができなくて、いざ説明しようとしたら意外とわからなかったのでこの際しらべて記事にしました。

HTMLとは?

HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。World Wide Web (WWW)において、ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために用いられる。ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出し段落といったドキュメントの抽象構造、フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。

出典:ウィキペディア

HTMLって本当は、はいぱーてきすとまーくあっぷらんげーじって何となく強そうな名前なんですね。
しかし、なるほどわからん^q^
とりあえず、wwwっていう箱の中身を表現するにはこいつじゃなきゃダメ!って感じでいいのかな?
スポンサーリンク

CSSとは?

CSS(Cascading Style Sheets、カスケーディング・スタイル・シート)とは、ウェブページのスタイルを指定するための言語です。 ワープロソフトなどで作成される文書も含めて、文書のスタイルを指定する技術全般をスタイルシートといいます。 HTMLやXHTMLなどで作成されるウェブページにスタイルを適用する場合には、スタイルシート言語の1つであるCSSが一般的に利用されています。

CSSは、HTMLと組み合わせて使用する言語です。 HTMLがウェブページ内の各要素の意味や情報構造を定義するのに対して、CSSではそれらをどのように装飾するかを指定します。 例えば、ウェブページがスクリーンに表示される際の色・サイズ・レイアウトなどの表示スタイルや、 プリンタなどの機器で印刷・出力される際の出力スタイル、 音声で読み上げられる際の再生スタイルなど、 ウェブページをどのようなスタイルで表示・出力・再生するかについて指定することができます。

出典:クリックリファレンス CSSとは?

ちょっとウィキべディアさんは小難しすぎたので、クリックリファレンスさんの記事を拝借。
つまり、CSSは飾りつけの役目をしているんですね。HTMLは文字や枠組みを担当して、CSSが見た目などを担当する。

HTML・CSSとは?今更ながら思ったので調べてみた【まとめ】

HTMLとCSSはそれぞれ担当がちがって、二つで一つのものを完成させている感じの様ですね。
ホームページというものが当たり前になっている時代で、見ているものが意外とわからないなって結構あったりしますよね。
なんだか、わかったような。わからないような。
もしかしたらみんなもこんな感じなんでしょうかね?まぁ、良しとしましょう。
読んで頂いてありがとうございました。

ではノシ

 

スポンサーリンク

-DESIGN, Web design
-, , , ,

Copyright© Dデザイング , 2019 All Rights Reserved.