Web design

ブログやサイト運営するなら、サーバーのバックアップする方法【保険は大事】

投稿日:2019年2月11日 更新日:

ブログやサイト運営するなら、サーバーのバックアップする方法【保険は大事】
スポンサードリンク

こんにちは、ダイスケです(@desing_d
自分でWordPressなどを使って、ブログ運営や、サイトの運営をしているとちょっとしたミスなので、サイトのデータが消えてしまった!なんて事結構ある話です。

はてなブログや、abemaブログなどのブログなら安心ですが、自分で運営していると自分で対処しなけれなならなくなります。
そんな時、知識のある人なら問題解決にも時間が掛かりませんが、あまり知識の無い人だと、原因の特定やデータベースの情報まで吸い出す事が少し難しいですよね。
そういうアクシデントに対処出来る様に、ブログやサイトは定期的にバックアップを取る事をオススメします。
手動でバックアップする方法や、自動でバックアップを取る方法など様々な方法がありますが、サーバーバックアップが一番楽だと感じました。
その、バックアップが簡単なおすすめサーバーのご紹介もします。

この記事を読むと、自分のブログやホームページをバックアップして保険として安心を勝ち取る事ができます。

ブログやサイト運営するなら、サーバーのバックアップする方法

ブログやサイト運営するなら、サーバーのバックアップする方法

サーバーのバックアップの取り方は色々あります。
結論から言ってしまいますが、個人的に一番簡単な方法としては、サーバー会社のバックアップサービスの恩恵に授かる事です。
私がこのサイトで使用しているサーバーは、エックスサーバーを使用しています。

エックスサーバーはサイト内もデータベースも全て自動でバックアップを取っておいてくれているので安心して使用できますので、エックスサーバーや自動バックアップをしてくれるサーバー会社で契約している場合は基本的にバックアップは必要ありません。

エックスサーバー

ただ、サーバー会社に任せているのは不安という方は、他のツールなども使って自分でバックアップを取っておくと尚安心かもしれません。

スポンサーリンク

FTPソフトを使ってバックアップ

FTPソフトと言って自分のサーバーに上がっているHTMLやCSSなどのファイルを自分のパソコン内にコピーしてバックアップが取れます。
ソフトも色々ありますが

Windowsなら
FFFTP

Macなら
FileZilla

という様なソフトがあります。
設定はちょっと複雑なので今回は紹介しません。
やり方を覚えてしまえばそれほど難しくないので、一回調べて覚えると得かもしれないです。

ただ、WordPressなどデータベースを使っている場合は、データベース内のバックアップは出来ません。
テーマデータなどはバックアップは可能です。

レンタルサーバーにWEBのFTPというサービスもあります。

サーバーによってはWEB版のFTPのサービスがあります。
というか、私が使った事があるレンタルサーバーではぼほありましたので、何処でもあるのではないでしょうか。

これは、レンタルサーバーのサービスでFTPソフトがなくても、FTP操作が可能なちょっとした時には便利な機能だと思います。
これで、サーバー無いのデータを取得する事ができます。
※こちらも、データベース内の情報はバックアップは出来ません。

WordPressならプラグイン簡単バックアップ

ワードプレスで運営されている方は、プラグインで比較的簡単にバックアップを取る事が出来ます。

BackWPup

有名どころですと、この様なWordpressプラグインなどがあります。
検索をかけてもっらってインストールすれば簡単にバックアップを行えます。
この、BackWPupですが、Dropboxに保存が出来るので、パソコンの容量が少ない人にもおすすめです。

自動でバックアップが出来るので、一回設定してあげるとあとはアクシデントがおきない限り触る必要はありません。

まとめ

ブログやサイト運営するなら、サーバーのバックアップする方法【保険は大事】まとめ

いかがでしたでしょうか?
一番簡単なのは、やっぱりサーバー会社のサービスでバックアップを自動で取ってくれる事ですかね。
現在使っているサーバーにその様な機能が無い場合は、サーバーを変更するのも手かもしれないですね。
とりあえず、エックスサーバーはその点でも特におすすめです。

エックスサーバー

安心したサイト運営生活をおたのしみください。

スポンサーリンク

-Web design
-,

Copyright© Dデザイング , 2019 All Rights Reserved.